アジア飯 blog

28歳、独身。人生逆転をかけ東南アジアの雄シンガポールに上陸。シンガポールを中心に東南アジアのいわゆる現地飯をガンガン紹介していきます。

Singapore No.1 福建麺(Hokken mee)

ナンバーワンだ。

 

高頭監督が牧に言ったようにそう言いたい。

 

そう思える出会い。

シンガポールには数多くのローカルフードがある。

チキンライス、肉骨茶(バクテー)、プロウンヌードル等々。

 

その中でホッケンミーほど、美味しい店と不味い店の差が大きいメニューはない。

 

全然ちがう。

 

美味い店はオーバーオール着ていなくても

「まいうー」と思わず嘆息するレベル。

不味い店はシンガポールの喫煙運転手タクシーに乗ったときのように吐き気すら催す。

 

エリクシールシュペリエルと小麦粉を溶いた水。フランクミュラーとフランク三浦。

 

そのくらい違う。

 

したがって、一見のお店でのホッケンミー

注文は非常にハイリスクな選択となる。 

 

では、美味しい店のホッケンミーと不味い店の

それとでは、何がどう違うのだろうか。

美味しいホッケンミーの条件を以下の3点にまとめてみた。

  1. 塩加減とニンニクの塩梅が絶妙な炒めダレ
  2. 炒める際に油を吸いすぎていない麺
  3. 生臭くなく新鮮なシーフード(海老やイカ)

この条件を満たすホッケンミーはそう多くないのだが、

ここにあった。

 

ドン。

 

 

f:id:asiameshi:20160920200305j:plain

  

SERANGOON NORTH AVENUE 1のHDB BLK153にある 

「小弟炒虾面 Xiao Di Fried Prawn Noodle」

  

メニューは 

ホッケンミー(中)$4

ホッケンミー(大)$5

海鮮追加     $2

 

これだけ。 

 

「味に自信のある店はいたずらにメニューを増やしたりしない。」

ガチンコラーメン道 佐野稔

  

ホッケンミー(大)$5を注文する。

 

円盤を受け取り席に着く。

イトーヨーカドーのフードコートで

ラーメンを頼んだときのあれ。

 

f:id:asiameshi:20160920200511j:plain

 

ランチで行くなら11時半までには行きたい。

または1時半すぎ。

人気店なので12時を過ぎると30分待ちは覚悟したい。

 

幸い円盤呼び出しシステムなので、

行列を作る必要はなく円盤でフリスビー遊びをしながら待つことができる。

 

待つこと10分。

円盤が赤く光り、PIPIPIと鳴る。

 

いただきます。

 

 

f:id:asiameshi:20160920200707j:plain

 

 

美味い。

 

いつ食べても美味い。

 

美味いだけではない。

 

困ったことにこのホッケンミー、

美味いだけでなく中毒性がある。

 

1皿食べても2皿目に行きたくなる。

2~3日経つとまた食べたくなる。

 

美味いだけでなく、中毒性まである。

じつにあっぱれ。

 

f:id:asiameshi:20160920201225j:plain

 

初対面で良い印象を持たれるだけでなく

また会ってみたいと思われる、

そんな中毒性のある男になりたい。

 

 

お腹ぽんぽん。

 

 

 

「小弟炒虾面 Xiao Di Fried Prawn Noodle」

 

Address : Serangoon north avenue 1

                550153 Serangoon Village

Tel : 9062 1201

URL : https://www.facebook.com/FPNxiaodi/

Open : 11:00 to 20:00(20時までとなっているが当てにならない。その日用意した分がなくなれば営業終了。行くなら昼がオススメ。)

Close : Monday 

Price : $