アジア飯 blog

28歳、独身。人生逆転をかけ東南アジアの雄シンガポールに上陸。シンガポールを中心に東南アジアのいわゆる現地飯をガンガン紹介していきます。

Malaysia式 肉骨茶(バクテー)

肉骨茶

「にくほねちゃ」と書いて「バクテー」と読む。

福建語読み。北京語読みだと「ローグーチャー」

 

漢字の字面だけみると、

なにやら恐ろしげだが、

要は豚肉のスペアリブ入りスープ。

 

日本人にとっても与しやすい味付けで

人気のローカルフード。

 

シンガポールで食べることができる肉骨茶は

2つに大別できる。

 

ひとつは、シンガポールスタイル肉骨茶。

もうひとつは、マレーシアスタイル肉骨茶。

 

違いはスープ。

 

シンガポール肉骨茶は胡椒&にんにくベースのスープ。

にんにくがマルッとそのまま入っていたりする。

うすい色のスープでこんな感じ。

 

 「songfa bakuteh」の画像検索結果

 

 

一方、マレーシアスタイル肉骨茶は薬膳&醤油ベースの濃色スープ。

今回食べたのはマレーシア肉骨茶。

Marsiling(マーシリング)というジョホールとの国境にほど近いエリア。

Woodlandsの隣といえば分かる人も多いかもしれない。

f:id:asiameshi:20160906095222j:plain

 

昼どきは多くの人でにぎわっていて、

席を探すのもひと苦労。

席を探していると、辺りを巡回している

お店のおじちゃんが注文を聞きにきて、

調理人たちにその注文を伝えてくれる。

席に着いたころにはモノが届くという合理的なシステム。

 

f:id:asiameshi:20160906095811j:plain

 

肉だけのタイプと、臓物系をミックスしたタイプを選択できる。

今回は肉だけのタイプ、サイズはレギュラーを注文。

価格はいずれもレギュラーサイズ$5.5

お腹すいてるときは$6.5、$7.5までアップサイズ可能。

 

さぁこれがマレーシアスタイル肉骨茶。

 

 

ドン

 

f:id:asiameshi:20160906095932j:plain

 

濃色のスープ。

薬膳、醤油、豚骨だしがバランスよく混じり合っている。

 

飲む。

 

美味い。

 

飲む。

 

美味い。

 

 

・・・おっと、肉食べるの忘れるとこだった。

 

スペアリブ的な肉は一昼夜煮込まれておりとても柔らかい。

スープにかなり味が付いているのでそのまま食べる。

時折、付属のブラックソースをつけることで、

また少し趣きをかえることができる。

 

肉を先に食べてしまって、ご飯だけ残ってしまった。

そんな事態にも頭を抱える必要はない。

 

なんと

スープを無限に追加してくれる。

 

このスープ、本当にご飯がススム君。

これだけで十分ご飯を食べ進めることができる。

 

今日は肉食いたいよ、肉!

っていう日にはもってこいのバクテー。

 

草食系男子という言葉が世に生まれて久しいが、

わたしはこれからも肉食系であり続けたい。

 

 

お腹ぽんぽん。

 

 

Hong Ji Herbs Bak ku teh

Address : Marsiling Blk19  730019 Singapore
Tel : 9682 2614
Open : 08:00 - 21:30(不定休)
Price range: $